2014年07月

    1:2014/07/19(土) 16:02:15.19 ID:
     [映画.com ニュース] 鳥山明氏原作の人気アニメ「ドラゴンボールZ」の
    劇場版最新作が製作され、2015年ゴールデンウィークに公開されることが決まった。

     13年3月に、17年ぶりの劇場版「DRAGON BALL Z 神と神」が公開され、
    大きな話題となった「ドラゴンボールZ」。通算19作目の劇場版となる今作は、
    「DRAGON BALL Z 神と神」の続編となり、前作では製作総指揮に名を連ねていた
    鳥山氏が自ら脚本を担当。アクションシーンをふんだんに盛り込み、
    細かいセリフまで徹底してこだわっているという。監督は、「DRAGON BALL Z 神と神」や
    「デジモンフロンティア」「金色のガッシュベル」などで作画監督やキャラクターデザインを
    務めてきた山室直儀が務める。

     鋭意製作中で、ストーリーやメインとなる戦い、敵キャラクターなど詳細はまだ
    伏せられているが、そんな中でお披露目されたビジュアルには、瞬間移動のアクションの最中に
    不敵に笑みを浮かべる超サイヤ人の悟空が描かれ、「全宇宙待望。神次元バトル開戦。」と
    コピーが添えられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140719-00000003-eiga-movi
    【【アニメ/映画】「ドラゴンボールZ」新作劇場版、2015年GW公開 鳥山明が自ら脚本を担当】の続きを読む

    1:2014/07/17(木) 11:37:11.67 ID:

    2014/7/16 00:39 - Menjoy!

    最近は、パチンコ店や競馬場で女性客の姿を見かける機会も少なくありませんし、
    主婦のパチンコ依存が問題となることもあります。

    しかし、そうした事象がとりあげられるのは、ギャンブルにハマる女性が珍しいから。
    依然としてギャンブルは、どちらかと言えば男性的な趣味と言えるのではないでしょうか。

    なので女性から見て、ギャンブルに興じる男性の心理は理解しづらいかもしれません。
    特に負けが込んでいる状況だと、「なぜそんなお金をドブに捨てるようなことをするのだろう?」と不思議に思うことでしょう。
    そこで、当記事では、ギャンブルにはまる男性心理について解説します。(※1)

    ■思いがけない収入がほしいからやめられない?

    ギャンブルはいくらお金をつぎこんでも当選するとは限らないという点で、
    “部分強化”と呼ばれる心理的効果があるといわれています。

    “部分強化”というのは、ある行為をしたときに報酬がもらえるかどうか不確定ということ。
    逆の概念である“全部強化”は、ある行為をすれば必ず一定の報酬がもらえるということです。

    一見、必ず報酬がもらえる“全部強化”のほうがオイシイじゃないかと思われますが、人間の心理とは不思議なもので、“部分強化”のほうがやる気をかきたてられるとのこと。
    “全部強化”だと面白みがなく、たまに思いがけない収入が得られる“部分強化”があるからこそ、ギャンブルは魅力的なのです。

    特に、男性の場合、脳内ホルモンであるテストステロンの影響で、
    闘争心やチャレンジ精神が高い傾向にあるので、結果が不確定な勝負事であるギャンブルに女性よりものめりこみやすいといえます。

    たとえば、最近は規制で少なくなりましたが、以前はパチンコ店で“出球ランキング”を積極的に発表しているところが多かったものです。
    また、通路にドル箱を派手に積み上げるのも、男性の競争心の高揚させる演出といえるでしょう。

    ■すぐに結果がわかるところが快感!

    当選するかどうか分からない……という点では、宝くじも一種のギャンブルといえます。
    ところが、パチンコや競馬だと、経済的に破滅してまでのめりこんでしまう人がいる一方で、
    “宝くじで借金苦”なんて話はあまり聞いたことがありません。

    なぜ、宝くじよりも、パチンコ・競馬のほうがハマりやすのかというと、後者の場合、“結果の即時性”があるためなのだそうです。
    つまり、パチンコや競馬の場合、お金を賭けてから当たりハズレの結果が出るまでに、ほとんど時間はかかりません。
    ところが、宝くじの場合、購入してから結果が判明するまでに、かなりの日数がかかってしまいます。

    当選番号が発表される頃には、宝くじに興味を失っているということすらあります。実際に、宝くじの高額当選者が換金に現れないという事態も珍しくありません。(※2)(※3)

    一方、パチンコの場合、打っている最中に大当たりの派手な演出があったり、みるみる出球が増えたりして、結果が目に見える形で現れます。
    また、競馬の場合、馬券を購入して間もなくレースで手に汗を握ることができます。こうした分かりやすさも、ギャンブルにはまる一因といえるでしょう。

    ■“勝利”は自分の功績に

    結果の即時性があって分かりやすいといえば、たとえばジャンケンも当てはまるように思えます。
    ところが、ジャンケンで大金をかけて勝負するという話はあまり聞いたことがありません。
    なぜ、ジャンケンではなく、パチンコや競馬なのか?

    この謎は、“効力感”の高さで解き明かすことができます。
    効力感とは、心理学用語で、ある事柄に自分が何らかの働きかけができるという感覚のことです。

    ジャンケンの場合、勝負といっても、運不運の要素が非常に大きいです。
    もちろん、相手の顔色や心理をつくという戦略もありますが、基本的に自分で勝ち負けを左右することが難しいです。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20110723-00013911-menjoy
    ※続く
    【【パチンコ/競馬】なぜハマる?「ギャンブル依存の原因」を心理学で解明!】の続きを読む

    1:2014/07/14(月) 21:58:09.80 ID:
    サンリオの“しゃけの切り身”キャラクター、KIRIMIちゃん.が、UNIVERSAL MUSIC より
    9月3日にメジャーデビューシングル「KIRIMIちゃん.のうた」を発売することが決定した。

    KIRIMIちゃん.は、サンリオが昨年行った、食べ物をテーマに新たに開発したキャラクター
    の一般人気投票企画「食べキャラ総選挙~食うか食われるか真剣勝負!~」で
    グランプリを獲得し、2014年2月にサンリオからグッズデビューしたばかりの新キャラクター。

    KIRIMIちゃん.のTwitter のフォロワーは現在8万5千人以上で、毎日100人単位で
    フォロワー数を増やしている。
    朝と夜に更新される、ゆるくてかわいい画像付のツイートが中高生から20 代を中心と
    して話題を集め、今回のCDデビューが決定した。

    現在KIRIMI ちゃん.は、今年で第29回目となるサンリオキャラクターの人気投票企画
    「2014年サンリオキャラクター大賞」で、5月10日~6月15日に行われた予選で
    全100キャラクターの中から見事TOP20に選ばれ、ファイナルステージへと勝ち進んだ。
    ファイナルステージは7月8日~7月21日まで投票が行われ、8月2日に結果が発表される。

    リード曲となる「きみきりみ」は、若者から人気を集めている音楽グループ、ふぇのたすの
    ヤマモトショウ作曲。
    2曲目に収録される「マジカルKIRIMI!」は、「おいしく食べてね…?」そんなKIRIMI ちゃん.の
    願いが込められた1曲で、ドラマ「マルモのおきて」の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」を
    手掛けた宮下浩司作曲。

    「おいしく食べてね…?」が口癖の、KIRIMI ちゃん.。
    音楽を通して、食卓に美味しい魔法をかけていく。
    若者の魚離れを食い止める役として、KIRIMIちゃん.の今後の活躍が期待される。

    >>2
    以降に続く)

    http://yukan-news.ameba.jp/20140710-5244/

    KIRIMIちゃん


    KIRIMIちゃん.「マジカルKIRIMI!」(サビver.)c2013.2014 SANRIO CO.,LTD.
    【【サンリオ】しゃけの切り身キャラの「KIRIMIちゃん」、メジャーデビュー決定】の続きを読む

    1:2014/07/15(火) 01:43:03.88 ID:
    2014.7.13

     国民的アイドルから地方アイドルなど、さまざまな女性アイドルがひしめく、この日本列島。
    近年では、女性声優もアイドル化しつつあり、ファンには男性だけでなく女性も多いのだとか。
    なぜこんなにも女性声優に憧れる女性がいるのでしょうか? 

     そこで、声優ユニット・μ’s(ミューズ)を応援するOL・Mさん(26)にその愛を語っていただきました。
    彼女曰く、“AKB”や“ももクロ”よりも憧れる理由があるのだとか。

    ◆“女性だけど女のコ”のお手本『ラブライブ!』

     μ’sとは、アニメ、ゲーム、雑誌などの様々なメディアが運営するユーザー参加型プロジェクト
    『ラブライブ! Scool idol project』から生まれた声優アイドルユニット。

     実際にアニメーションの中でキャラクターを演じている声優さんが、ダンスや歌をライブで披露するんです。

     そもそもMさんがμ’sを知ったきっかけは?

    「昔から『プリキュア』とか、かわいい女のコががんばるアニメが大好きだったんです。
    それを知っている友だちが、μ’sの『夏色えがおで1,2,Jump!』という曲をオススメしてくれたのが『ラブライブ!』との出会いでした。
    歌も最高だし振りもキュートで、衣装もかわいい……好きになる要素しかなかったんです! 
    ありきたりな感想なんですけど、何よりライブがとっても楽しい!」

    ⇒【動画】

     また、μ’sのメンバーを演じている声優さんが、アイドル活動をする姿が彼女のラブライバー(ファンの名称)心に火をつけたそう。

    「μ’sの中の人たちは私と同世代の方が多くて、親近感が湧いたんです。
    『もうアラサー……』なんて沈んでいたときに、自分よりも年上の三森すずこさん(28歳)や内田彩さん(27歳)
    がキラキラと歌っているところを見たら『アラサーになっても可愛い女のコでいられるんだ…』と思えたんです」

     芸能界で活躍するアイドルはほとんどが10代~20代前半の若い子たち。
    アラサーともなると肩身の狭い思いをする厳しいアイドル界とは違い、いつまでも可愛くいられることに勇気をもらったのだそう。

     さらにMさんはメンバーが着ている服のブランドや行っているお店の情報を、ツイッターでチェックして参考にするのが日課とのこと。
    μ’sファンになってからというもの、女子力も上昇中らしい。

    「自分がアイドルの立場だったら、街で会ったかわいい女のコに握手を求められたら嬉しいと思うので(笑)。
    μ’sのみなさんにもそう思ってほしくて自分自身ももっともっとかわいくなりたいな!って思うんですよね」

     オヤジ女子が急増している昨今、“かわいい”を体現する彼女たちは、お手本になるのかも?

     そんなMさんの想いが届いたのか、メンバーに直接アツい想いを伝える機会があったそう。

    「星空凛役の飯田里穂さんと小泉花陽役の久保ユリカさんが、プライベートで一緒にいるところに偶然居合わせたんです! 
    同性で同年代ということもあって、お二人とも握手とサインに快く応じてくれただけでなく、
    『こんな女のコもラブライバーなんて嬉しい』なんて言ってもらえて……。
    もう『嗚呼、同性バンザイ! 女のコでよかった!』と、感無量でした」

     ラブライバーの卒業を考えたことはあるか聞いてみると…

    「いやー、ないですね。もし結婚したらライブやイベントに行く機会は減るかもしれないけど、ライブDVDは見続けると思います。
    いくつになっても彼女たちは憧れです」

     眩しい笑顔でそう答えてくれたMさんでした。 

    <谷口京子/清談社>

    http://joshi-spa.jp/113883
    【【社会】女性声優にハマる“女ラブライバー”が急増中「AKBより憧れます!」】の続きを読む

    1:2014/07/11(金) 23:09:09.42 ID:
    ネットに「絶版マンガ図書館」 赤松健さん、投稿募集
    http://www.asahi.com/articles/ASG7B5K7VG7BUCVL01B.html
    朝日新聞 高津祐典 2014年7月11日08時10分


     絶版マンガに広告をつけて無料公開する取り組みを続けてきたマンガ家の赤
    松健さんは10日、読者が絶版マンガを投稿できるサイト「絶版マンガ図書館」
    を11日に立ち上げると発表した。市場に出回らない絶版マンガを合法的に
    読めるサイトの充実を図り、海賊版を撲滅したいという。

     出版社は売れる作品しか電子化せず、絶版マンガを読みたい読者は海賊版を
    みる傾向があった。そこで赤松さんは2010年から、絶版マンガを電子化し
    て広告付きで無料公開し、広告収入を作者に還元する事業を進めてきた。

     ただ公開中の538作品の9割は、マンガ家からの依頼で電子化したものだ
    った。新たに立ち上げる「図書館」は、より広く読者から投稿を募り、作品数
    を増やすのが狙い。著作権者の了解を得てから、広告付きで無料公開するとい
    う。合法的に読める絶版マンガを増やし、マンガ文化の裾野を広げる考えだ。

     赤松さんは「将来的にはアマゾンなどの販売サイトと、『絶版マンガ図書館』
    の2種類で、すべてのマンガを読める時代がくる」と話した。
    【【漫画】ネットに無料公開「絶版マンガ図書館」立ち上げ 赤松健さん、投稿募集 [7/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ