画像

    1:2014/03/11(火) 22:34:59.60 ID:
    "4メートル38 リュウグウノツカイ 長門に漂着"

    長門市仙崎白潟の海岸で、体長4メートル38の深海魚「リュウグウノツカイ」が
    漂着しているのが見つかった。

    近くの住民が7日に発見した。萩博物館(萩市)によると、県内で発見された個体としては
    最大級の長さ。長門市で見つかるのは1999年以降8例目で、萩博物館に寄贈された。
    リュウグウノツカイは銀色の体と長く赤い背びれが特徴で、深さ200メートル以上の深海に生息している。

    萩市でも2月中旬に深海魚「サケガシラ」計9匹が見つかっている。
    萩博物館の堀成夫主任研究員は「長さに加え、体高もこれまで見た中で最大の40センチ以上で驚いた。
    漂着した理由を分析したい」としている。


    2014年3月11日
    http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20140310-OYT8T01060.htm
    【【サイエンスj】驚いた、山口・長門市に4メートル38のリュウグウノツカイ漂着、県内最大級(集合写真あり)】の続きを読む

    1:2014/03/07(金) 02:27:44.87 ID:
    女の子は皆、男子には見えない銃を持っている。 それは僕が15歳のことだった。その年、僕は初めて、女の子に、強く、恋をした。
    恋とはそれまでに僕が感じた全てを凌駕する「衝撃」だった。恋に落ちる瞬間こそが人類にとって最良の瞬間ではないかと思った。
    時が経ち、それからも折に触れて僕は恋に落ちた。そしてある時、僕は気づいた。女の子は男には見えない銃を持っていると。
    それは女の子によってハンドガンであり、リボルバーであり、ライフルであったりするのだろう。僕は何度も恋をしたけれど、
    どれ一つ同じ恋などなかったのだから。一発でまっすぐに僕を捉えた弾もあった。あられのように僕に降り注いだ弾もあった。
    けれど彼女たちの銃はいつも確実に僕の心臓を貫いた。 『ツインテールと機関銃』の撮影はあるときは過去への追憶であり、
    またあるときは新たな恋物語の創作だった。女の子の表情はさまざまで、彼女たちが抱える銃もさまざま。けれどそこには
    1つの思いが貫かれている。この本はツインテールと機関銃が謳い上げる恋の賛歌なのだ。
















    -モデル-
    YURA、永井亜子、三嵜みさと、阿知波妃皇、大場はるか、神谷えりな、中村弥蓉、新部宏美、mimmam、松川佑依子、吉田理紗、上条なずな、古関れん、武田玲奈

    単行本: 128ページ
    出版社:株式会社ファミマ・ドット・コム
    発売日: 2014/03/07
    価格 : 1200円+税

    ソース・日本ツインテール協会
    【【写真集(三次元)】女の子×銃火器「ツインテールと機関銃」発売!】の続きを読む

    1:2014/03/03(月) 11:13:59.61 ID:
     
    昔の写真TLだから投下しておきますね誰にも負けない自信があります


    https://twitter.com/ak0___izk/status/439809057092665345
    【【やべぇ】 15歳喪女が、モテ女になっていく過程wwwwwwwww これは凄すぎ (画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ