アニメ

    1:2014/07/19(土) 16:02:15.19 ID:
     [映画.com ニュース] 鳥山明氏原作の人気アニメ「ドラゴンボールZ」の
    劇場版最新作が製作され、2015年ゴールデンウィークに公開されることが決まった。

     13年3月に、17年ぶりの劇場版「DRAGON BALL Z 神と神」が公開され、
    大きな話題となった「ドラゴンボールZ」。通算19作目の劇場版となる今作は、
    「DRAGON BALL Z 神と神」の続編となり、前作では製作総指揮に名を連ねていた
    鳥山氏が自ら脚本を担当。アクションシーンをふんだんに盛り込み、
    細かいセリフまで徹底してこだわっているという。監督は、「DRAGON BALL Z 神と神」や
    「デジモンフロンティア」「金色のガッシュベル」などで作画監督やキャラクターデザインを
    務めてきた山室直儀が務める。

     鋭意製作中で、ストーリーやメインとなる戦い、敵キャラクターなど詳細はまだ
    伏せられているが、そんな中でお披露目されたビジュアルには、瞬間移動のアクションの最中に
    不敵に笑みを浮かべる超サイヤ人の悟空が描かれ、「全宇宙待望。神次元バトル開戦。」と
    コピーが添えられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140719-00000003-eiga-movi
    【【アニメ/映画】「ドラゴンボールZ」新作劇場版、2015年GW公開 鳥山明が自ら脚本を担当】の続きを読む

    1:2014/07/15(火) 01:43:03.88 ID:
    2014.7.13

     国民的アイドルから地方アイドルなど、さまざまな女性アイドルがひしめく、この日本列島。
    近年では、女性声優もアイドル化しつつあり、ファンには男性だけでなく女性も多いのだとか。
    なぜこんなにも女性声優に憧れる女性がいるのでしょうか? 

     そこで、声優ユニット・μ’s(ミューズ)を応援するOL・Mさん(26)にその愛を語っていただきました。
    彼女曰く、“AKB”や“ももクロ”よりも憧れる理由があるのだとか。

    ◆“女性だけど女のコ”のお手本『ラブライブ!』

     μ’sとは、アニメ、ゲーム、雑誌などの様々なメディアが運営するユーザー参加型プロジェクト
    『ラブライブ! Scool idol project』から生まれた声優アイドルユニット。

     実際にアニメーションの中でキャラクターを演じている声優さんが、ダンスや歌をライブで披露するんです。

     そもそもMさんがμ’sを知ったきっかけは?

    「昔から『プリキュア』とか、かわいい女のコががんばるアニメが大好きだったんです。
    それを知っている友だちが、μ’sの『夏色えがおで1,2,Jump!』という曲をオススメしてくれたのが『ラブライブ!』との出会いでした。
    歌も最高だし振りもキュートで、衣装もかわいい……好きになる要素しかなかったんです! 
    ありきたりな感想なんですけど、何よりライブがとっても楽しい!」

    ⇒【動画】

     また、μ’sのメンバーを演じている声優さんが、アイドル活動をする姿が彼女のラブライバー(ファンの名称)心に火をつけたそう。

    「μ’sの中の人たちは私と同世代の方が多くて、親近感が湧いたんです。
    『もうアラサー……』なんて沈んでいたときに、自分よりも年上の三森すずこさん(28歳)や内田彩さん(27歳)
    がキラキラと歌っているところを見たら『アラサーになっても可愛い女のコでいられるんだ…』と思えたんです」

     芸能界で活躍するアイドルはほとんどが10代~20代前半の若い子たち。
    アラサーともなると肩身の狭い思いをする厳しいアイドル界とは違い、いつまでも可愛くいられることに勇気をもらったのだそう。

     さらにMさんはメンバーが着ている服のブランドや行っているお店の情報を、ツイッターでチェックして参考にするのが日課とのこと。
    μ’sファンになってからというもの、女子力も上昇中らしい。

    「自分がアイドルの立場だったら、街で会ったかわいい女のコに握手を求められたら嬉しいと思うので(笑)。
    μ’sのみなさんにもそう思ってほしくて自分自身ももっともっとかわいくなりたいな!って思うんですよね」

     オヤジ女子が急増している昨今、“かわいい”を体現する彼女たちは、お手本になるのかも?

     そんなMさんの想いが届いたのか、メンバーに直接アツい想いを伝える機会があったそう。

    「星空凛役の飯田里穂さんと小泉花陽役の久保ユリカさんが、プライベートで一緒にいるところに偶然居合わせたんです! 
    同性で同年代ということもあって、お二人とも握手とサインに快く応じてくれただけでなく、
    『こんな女のコもラブライバーなんて嬉しい』なんて言ってもらえて……。
    もう『嗚呼、同性バンザイ! 女のコでよかった!』と、感無量でした」

     ラブライバーの卒業を考えたことはあるか聞いてみると…

    「いやー、ないですね。もし結婚したらライブやイベントに行く機会は減るかもしれないけど、ライブDVDは見続けると思います。
    いくつになっても彼女たちは憧れです」

     眩しい笑顔でそう答えてくれたMさんでした。 

    <谷口京子/清談社>

    http://joshi-spa.jp/113883
    【【社会】女性声優にハマる“女ラブライバー”が急増中「AKBより憧れます!」】の続きを読む

    1:2014/07/11(金) 10:12:08.72 ID:




    シネマトゥデイ:2014年7月11日(金)6時00分配信

     小栗旬が主演を務める実写映画『ルパン三世』の公開まであと2か月を切り、
    すでに公開されていたチラシやポスターとは一味違う、劇場用バナー&マナースタンディービジュアルが公開された。

     縦1.8メートル・横3.8メートルの巨大な劇場用バナーは、目を引く鮮やかなピンクをバックに、ルパン役の小栗、次元大介役の玉山鉄二、石川五ェ門役の綾野剛、峰不二子役の黒木メイサ、そして、銭形警部役の浅野忠信が並び立つスタイリッシュなデザインに。
    さらに、併せて公開されたマナースタンディーは、5人がそれぞれ映画館でのマナーを呼び掛けるユニークなビジュアルとなっている。

     両ビジュアルとも19日より全国の劇場にて順次掲出される予定で、この夏の劇場は“小栗ルパン”一色になること間違いなしだ。

     本作は、アニメ化もされたモンキー・パンチの人気コミックを実写化したエンターテインメント大作。
    ルパンらおなじみのメンバーがいかにして無敵のチームになったのかが描かれる。(編集部・中山雄一朗)

    映画『ルパン三世』は8月30日より全国公開

    http://www.cinematoday.jp/page/N0064555
    【【映画】実写版『ルパン三世』新ビジュアル公開!夏の劇場は小栗ルパンがジャック!】の続きを読む

    1:2014/07/10(木) 17:38:41.00 ID:
    最近は人気漫画やアニメの実写化が激増し、そのたびに「イメージと違いすぎ」「原作に失礼」といった厳しい批判が相次ぐなか、
    ベトナム版の『ドラえもん』(実写版)に登場するしずかちゃん役の女優が、あまりにかわいすぎると話題になっている。


    実写版の『ドラえもん』といえば、2011年にトヨタが公開した『TOYOTA ReBORN』シリーズのCMが有名で、
    その際は、しずかちゃんこと源静香役を女優・水川あさみが好演して話題となったが、今回のベトナム版『ドラえもん』で同役を演じた女優は、その評判を超える勢い。

    「このしずかちゃんのためなら俺でも体張れる」
    「かわえええええええええ」
    「ベトナム行きたくなった」
    「超絶かわいい ぜひ嫁に」

    とネット上では男性ユーザーを中心に大評判の彼女。その素性は謎に包まれているが、この人気ぶりではもしかするといつの日か、日本のドラマでもその姿を観れるようになる日がくるかもしれない。

    【動画】


    文・鈴木將義

    【参照リンク】
    ・Doremon Viet Nam (Doraemon In Real Life)
     

    2014年07月10日 12時30分
    提供:AOLニュース


    http://news.ameba.jp/20140710-326/
    【【海外】ベトナム版『ドラえもん』のしずかちゃんが超絶かわいいと話題に】の続きを読む

    1:2014/07/07(月) 21:36:35.71 ID:


    富野由悠季監督の作品で、1984年~1985年にかけて放送されたTVアニメ
    『重戦機エルガイム』の放送30周年を記念して、
    プラモデル『R3 1/100 エルガイムMk-II ヘビーメタルコーティングVer.』の
    予約受付が、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にてスタートしている。

    ベースとなったキットは2007年2月に発売された『R3 1/100 エルガイムMk-II』で、
    フォルムや広い可動域を追及しており、エルガイムMk-IIの特徴である飛行形態への
    変形ギミックなども再現。これをベースにした本商品は、同キットに金属ならではの
    重厚感を演出した加工を施し、銀・オレンジ・黄褐色の各パーツに、それぞれの色に
    合わせたメッキ加工(艶消し)を採用している。




    さらに紺色の装甲部分は、メッキ加工との相性の良い「グロスインジェクション成形」に。
    外部装甲下の内部構造「ムーバル・フレーム」にもメッキ加工が施されており、
    緻密なディテールと相まって、より金属管の表現が進んだ「エルガイムMk-II」に仕上がっている。



    商品価格は9,936円、予約は準備数に達し次第終了。
    商品の発送は、2014年10月を予定している。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/07/07/451/

    プレミアムバンダイ R3 1/100 エルガイムMk-II ヘビーメタルコーティングVer.
    http://p-bandai.jp/hobby/item-1000090371/
    【【模型】TV放送30周年記念!『重戦機エルガイム』 Mk-IIのプラモがスペシャル加工で登場】の続きを読む

    このページのトップヘ