映画

    1:2014/01/14(火) 22:49:51.18 ID:
     
    「機動戦士ガンダム」総監督・富野由悠季、1月21日に記者会見を実施! 米ハリウッドとの提携作品について

    アニメーション監督・富野由悠季さんが1月21日に記者会見を行うことがわかった。
    これは、アニメ「機動戦士ガンダム」の原作者/総監督として知られる富野さんや米エミー賞を獲得した堀裕治さんなど
    多くのクリエーターが所属するプロデューサー集団・株式会社?(※3つの"風"で構成された漢字、読み:オオカゼノオコルサマ)によるもの。
    同社は、今回新たに、「アバター」「アイアンマン」「Xメン」「パシフィック・リム」などのハリウッド作品に特殊スーツや特殊メイクを
    提供している米ロサンゼルスのSFXスタジオ・Legacy Effects社と業務提携し、
    「日本の漫画やアニメを原作とした映画作品をハリウッドから世界市場へ送り出す」ことを目的とした共同事業を始めるが、
    その提携作品の第1弾を富野さんが発表するという。
    察するに、"富野さんが関わったアニメ作品いずれかのハリウッド実写映画化"という内容である可能性が高いが、
    詳細は会見で明らかになる。
    http://akiba-souken.com/article/anime/18868/
    【富野由悠季監督作品のいずれかがハリウッドで実写映画化か 21日に記者会見】の続きを読む

    1:2014/01/15(水) 13:36:36.84 ID:
     人気タレントの関根勤が15日、都内で会見を開き、芸能生活40年を記念して映画監督に
    初挑戦することを発表した。関根は「(クエンティン・)タランティーノに『ワンダフル』と
    つぶやかれるような世界的なヒット作になれば」と意気込みを語った。会見には、
    主演の温水洋一、村松利史、酒井敏也も出席した。

     「30年くらい前から一つの夢として、妄想として、映画を撮りたいと思っていた」という関根は、
    監督挑戦への経緯について「それが最近芸人さんが監督をやるようになったので、チャンスがあれば
    自分も撮りたいなと真剣に思うようになった」と説明。

     温水、村松、酒井の起用に関しては「三人の大ファン。どうしてもこの三人を中心に
    映画を撮りたいなって思って、すぐに浮かんだ」と語り、「内容もSFをやろうって。宇宙ものは
    金がかかるから地底ものでいこうってね。一番心配だったのはオファーを受けていただけるか
    どうかだった。まあ、くだらない内容だしね」と冗談を交えて振り返った。(
    >>2
    以降に続きます)

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0059625
    画像:映画監督デビューに意気込む関根勤

    関根勤、温水洋一、村松利史、酒井敏也



    【【芸能】関根勤が映画監督デビュー!さんま、タモリ、小堺ら豪華キャスト集結…2014年公開予定の映画『騒音 Noise(仮)』】の続きを読む

    1:2014/01/16(木) 00:15:46.62 ID:
    [映画.com ニュース] 映画俳優が、生涯出演作のなかで殺害した
    人間の数に基づいたランキングが発表された。

    「映画のなかの死」を集計している米ウェブサイトMovie Body Countsの
    データベースをもとに、米ミシガン州立大学の博士課程でコンピュータ
    サイエンスを研究するランダル・S・オルソン氏が作成したもの。ただし、
    1960年以前の作品やB級映画などは集計されていないものが多いとのことで、
    基本的には60年以降の映画をもとにしたランキングだと考えてほしいと
    オルソン氏は補足している。

    第1位は、これまでに369人を殺したアーノルド・シュワルツェネッガー。
    そのうち、1作品中で最も多くの人を殺害したのは「コマンドー」(1985)で、
    74人だった。

    なお、ひとりの俳優による1作品中の殺人数に関していえば、トータルで
    5位に入った若山富三郎が「子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎」(1974)で
    記録した150人が最高だという。また、女優ではユマ・サーマンが通算
    77人を殺害して1位だった。

    トップ25は以下の通り(カッコ内は殺した人数)。

    1.アーノルド・シュワルツェネッガー(369)
    2.チョウ・ユンファ(295)
    3.シルベスター・スタローン(267)
    4.ドルフ・ラングレン(239)
    5.若山富三郎(226)
    6.クリント・イーストウッド(207)
    7.ニコラス・ケイジ(204)
    8.ジェット・リー(201)
    9.クライブ・オーウェン(194)
    10.ウェズリー・スナイプス(193)

    >>2
    に続く

    http://eiga.com/news/20140115/19/
    「コマンドー」の一場面
    【【映画】映画史上最も人を殺した俳優トップ25】の続きを読む

    1:2014/01/15(水) 01:03:05.84 ID:

    ゲーマーなら一度はその名前を聞いたことがあるトレーディングカードゲーム『Magic: The Gathering』の
    映画シリーズ権利を20世紀フォックスが獲得したことが、海外映画情報サイトThe Hollywood
    Reporterで明らかになりました。プロデューサーは「X-MEN: ファイナルディシジョン」などを
    手がけた脚本家、映画プロデューサーのSimon Kinberg氏が担当するようです。

    『Magic: The Gathering』はWizards of the Coast社から1993年に発売された世界初のTCGで、
    練りこまれた世界観と、TCGと呼ばれるジャンルを確立させたゲームルールは、世界で多くの
    ファンを獲得。最初のキットが発売されて21年がたった今でも、新しいカードやルールの追加が
    行われています。また定期的に世界選手権が開かれており、歴代チャンピオンの中には
    日本人の名前もあります。

    PCで2002年6月よりサービスが開始された『Magic Online』やPC/PS3/XBLA/iPad/Androidで
    リリースされている『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』シリーズなど、同作を
    題材にしたゲームも配信されています。

    まだ具体的なことは何もわかっていない映画ですが、TCGの古典として有名な
    『Magic: The Gathering』の映画化は、多くのゲーマーの興味を惹くのではないでしょうか。

    Game*Spark
    http://www.gamespark.jp/article/2014/01/14/45681.html
    Fox to Bring 'Magic: The Gathering' to the Big Screen (Exclusive)
    http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fox-bring-magic-gathering-big-670529
    【【米国】20世紀フォックス、「マジック:ザ・ギャザリング」映画シリーズの権利を取得】の続きを読む

    このページのトップヘ