漫画

    1:2014/04/11(金) 09:34:07.94 ID:


    批評家・編集者の永山薫さんによる書籍『増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門』
    が、4月9日に、文庫レーベル・ちくま文庫より発売された。

    本書は、これまで数多くの作品が生まれてきた、日本のエロマンガにおける歴史や現状、
    さらにはエロマンガに向けられる「欲望」や多様化するジャンルなど、日本のエロマンガを網羅した1冊。
    表紙は、エロマンガを中心に活動するマンガ家の新堂エルさんが手がけている。

    ■本格的にエロマンガを論じた希有な本

    『増補 エロマンガ・スタディーズ ─「快楽装置」としての漫画入門』は、
    2006年に発売された同書籍の増補版。これまでに、エロマンガについて論じた本や
    評論が少ない中、1970年代以降のエロマンガ史を一望した、唯一無二のエロマンガの
    評論本として大きな話題を呼んだ。

    改訂と加筆が加わったのは、約40ページにもわたる「21世紀のエロ漫画」と題された補章部分。

    ここでは、2006年以降の青少年保護育成条例などをはじめとする東京都条例と
    児童ポルノ禁止法という、エロマンガに対する2回の規制の波について書かれている。

    さらに詳しく知りたい方は、永山さんが共同編著で参加している書籍「マンガ論争勃発」
    シリーズと、ミニコミ誌『マンガ論争』の参照が勧められている。

    監修は、2006年以降、著者の永山さんがエロマンガ界批評から漫画批評全般へと
    軸足を移したこともあり、エロ漫画研究家の稀見理都さんが担当している。

    ■発刊記念イベントも開催!

    4月18日(金)には、ゲンロンカフェにて、本書籍の発刊記念イベントが開催される。

    著者の永山さんをはじめ、エロや暴力などのアングラにフォーカスするメディア
    「TOKYO BREAKING NEWS(旧日刊ナックルズ)」の編集長を務める久田将義さん。

    さらには、本書の増補版で解説を書いた、作家や思想家と幅広い顔を持つ東浩紀さんを
    迎えて、エロとマンガをめぐる徹底討論を行う。前売りチケットは「Peatix」にて販売中だ。

    イベント情報
    永山薫×久田将義×東浩紀「エロマンガは政治的に正しいか――『増補 エロマンガ・スタディーズ』発刊記念」
    開催日 2014年4月18日(金)
    会場 ゲンロンカフェ
    時間 19:00?20:00

    http://kai-you.net/article/4556

    ちくま文庫
    http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480431691/
    【【書籍】エロマンガの歴史をひもとく唯一無二の入門書「エロマンガ・スタディーズ」増補版発売 表紙は新堂エル】の続きを読む

    1:2014/04/07(月) 01:16:45.84 ID:


    山田花子という漫画家をご存知だろうか。わずか24歳の若さで自ら命を絶った伝説の
    漫画家である。熱烈なファンの間ではいまだに語り、そして読み継がれている彼女だが、
    そんな彼女の遺した日記を元に編集した作品が「自殺直前日記改」(鉄人社)だ。
    様々な逸話が伝えられる山田花子の素顔はどのようなものだったのだろうか。
    「自殺直前日記改」の編集を務めた「Quick Japan」元編集長、赤田祐一氏に話を聞いた。

    「山田花子と最初に出会ったのは東中野の薄暗い喫茶店でした。ベレー帽を被って、
    おしゃれな古着を着ていました。ただ、マンガやイラストの打合せのときはいつも下を
    向いていて、積極的に自分から話すタイプではありませんでしたが」

     対人交渉が苦手だったという山田花子だが、ヤングマガジンで「神の悪フザケ」を書き、
    メジャーな漫画誌にもその爪痕を遺している。その後はパチンコ雑誌などで原稿料を
    稼ぎながら、アンダーグラウンドなマンガ雑誌の金字塔ガロで自分の目指す作品を
    掲載している。ガロといえば特殊漫画家と呼ばれる根本敬など、異端の作家が集まる
    雑誌として知られている。そんなサブカル梁山泊にあって山田花子も女版根本敬の
    異名を取ることとなる。

    「彼女も根本敬さんの作品が好きだったので、そう呼ばれることを喜んだと思います。
    ただ、イジメがマンガのテーマになっていて、絵が個性的なのでそのように呼ばれて
    いましたが、作品は真っ当でしたよ。手を抜いているものは少ないし、日常をテーマに
    しているから、ある意味オーソドックスなマンガだと思いますね」

     自分の目から見た日常を描きたいという思いを抱いていた山田花子だが、マンガを描く
    以上、オチをつけないといけないということに対して、強いジレンマを感じていたという。

    「『自分の書きたいのは日常だけど、日常にオチがあるのか?』という思いを持っていました。
    例えば、日記にも登場してきますが、「人間がばらばらになってしまう場面」を描きたい、と。
    でもそんなものをマンガに描いたらおかしいと思われる。だから「描きたいけれど描けない」
    と悩んでしまったんです。端から見れば考え過ぎですけど、だからこそ、こういう深みの
    あるマンガを描けた気もします」

     個性的な作品を生み出していた彼女だが、仕事が増えるにつれ、それを続けることは
    難しくなっていった。不器用が故にバイトをクビになり入院するなど、破綻した精神状態は
    エスカレートし、彼女の乗ったタナトスという名の船はゆっくりと死への航海へと漕ぎ出して
    しまったのである。だが、その根底には彼女の生真面目な性格があったと赤田氏は指摘する。

    「彼女はすごいメモ魔だったんです。日常の出来事や会話の全てをメモに取る。
    コインランドリーの使用法の順番まで全部メモしていて、それが残されています。
    根本敬さんによれば、パーティとかでもコソコソと書いていたそうですね。しかもそのメモは
    推敲されていて第3工程ぐらいまであるんです。今回本を編集するにあたり、妹さんから
    日記の現物を見せていただきましたが、メモをノートに転記して第2工程でまとめて、
    第3工程で別のノートに清書していたことを知りました。メモはマンガやエッセイのねたに
    なっていますね」

     日常で起きた些細なことをメモにまとめ、作品に落とし込むという彼女の性格は
    「自殺直前日記改」を読んでみるとよくわかる。彼女が亡くなり2年ほど経ったころ、
    父親の家を訪れた赤田氏はある本に出会うのだが、それは仏壇に捧げられた彼女の日記だった。

    >>2
    につづく)
    http://nikkan-spa.jp/615694
    【【漫画】自殺から22年を経てなお支持される、伝説の漫画家・山田花子の生き様】の続きを読む

    1:2014/04/02(水) 16:48:49.78 ID:


     「鬼の手」を持つ教師の活躍を描いたマンガ「地獄先生ぬ~べ~」の新連載が、5月28日
    発売のマンガ誌「グランドジャンプPREMIUM(プレミアム)」6月号(集英社)で始まることが
    明らかになった。
    15年ぶりの本編復活となる「グランドジャンプ」9号(2日発売)掲載の読み切り作品
    「地獄先生ぬ~べ~ NEO」に続く連載になるといい、懐かしいキャラクターも続々参戦する
    予定。

     読み切りの「地獄先生ぬ~べ~ NEO」では、ぬ~べ~と、前作の主要キャラクターの
    1人である稲葉郷子が新人教師として登場して子供たちを守る……というストーリーが
    36ページにわたって展開される。さらに連載中の「ぬ~べ~」のスピンオフ作
    「霊媒師いずな Ascension」でも、シリーズの核心に迫るストーリーが明らかになっている。

     「地獄先生ぬ~べ~」は、原作が真倉翔さん、作画が岡野剛さんの作品で、1993~99年に
    週刊少年ジャンプで連載された。童守小学校に赴任した青年教師の鵺野鳴介(ぬえの・めいすけ)が、
    左腕に宿した悪霊などを浄化できる最強の「鬼の手」の力で、次々と起こる事件を解決していく…
    …というストーリー。96年にはテレビアニメ化もされ、人気を博した。

    http://mantan-web.jp/2014/04/02/20140401dog00m200047000c.html

    関連スレ
    【漫画】「地獄先生ぬ~べ~」が15年ぶりに復活 グランドジャンプに完全新作の読み切り掲載
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1395208427/

    グランドジャンプ
    http://grandjump.shueisha.co.jp/
    【【漫画】「地獄先生ぬ~べ~」 読み切りに続き連載決定 懐かしのキャラも続々】の続きを読む

    1:2014/03/25(火) 10:55:40.42 0 ID:
    ゴルゴ13のご当地ストラップ、ゴルゴが下着姿で被り物

    2014年3月24日 15:54 304
    さいとう・たかを「ゴルゴ13」のご当地ラバーストラップが、ラナより
    一部地域にて3月下旬から順次販売される。

    ニヒルなキャラクター像で知られるゴルゴをデフォルメし、各地方の
    名産グルメやランドマークとコラボさせたこのシリーズ。しゃちほこ
    やたこ焼きの被り物をしたゴルゴや、富士山や雷門の提灯に身を
    隠し銃を構えるゴルゴなど、コミカルなデザインに仕上がっている。
    なお発表された25種類のうちほとんどが、ファンにはお馴染みの
    白ブリーフ姿である点にも注目したい。

    「ゴルゴ13」のご当地ラバーストラップは、飛騨・富士山・横浜・名古屋・
    東京・大阪・京都・大分・広島・宮城の土産店にて販売。発売時期は
    地域によって異なる。

    コミックナタリー
    http://natalie.mu/comic/news/112810
    【【素人にもお勧め】ゴルゴが下着姿で被り物・・・ゴルゴ13のご当地ストラップが発売】の続きを読む

    1:2014/03/19(水) 14:53:47.77 ID:
    地獄先生ぬ~べ~ : 15年ぶり本編復活

     「鬼の手」を持つ教師の活躍を描いたマンガ「地獄先生ぬ~べ~」が15年ぶりに復活することが、
    19日発売のグランドジャンプ8号で明らかになった。
    4月2日発売の同誌でタイトル「地獄先生ぬ~べ~ 逢魔ヶ刻(おうまがとき)」で完全新作の読み切りが掲載される。

     「地獄先生ぬ~べ~」は、原作が真倉翔さん、作画が岡野剛さんの作品で、1993~99年に週刊少年ジャンプで連載された。
    童守小学校に赴任した青年教師の鵺野鳴介(ぬえの・めいすけ)が、
    左腕に宿した悪霊などを浄化できる最強の「鬼の手」の力で、次々と起こる事件を解決していく……というストーリー。
    現在は同作に登場した少女・いずなが主人公のスピンオフ「霊媒師いずな Ascension」がグランドジャンプで連載されている。

     4月2日発売の同誌には、連載中の「霊媒師いずな」と「地獄先生ぬ~べ~」が2本立てで掲載される。

    「地獄先生ぬ~べ~ 逢魔ヶ刻」のイラスト(C)真倉翔・岡野剛/集英社


    MANTANWEB(まんたんウェブ) 2014年03月19日
    http://mantan-web.jp/2014/03/19/20140319dog00m200027000c.html
    【【漫画】「地獄先生ぬ~べ~」が15年ぶりに復活 グランドジャンプに完全新作の読み切り掲載】の続きを読む

    このページのトップヘ