漫画

    1:2014/02/09(日) 14:46:06.26 ID:
    あるいは社会とかそういうシステムに振り回されて結局、敵も味方もみんな死んでいく感じの
    【「巨大なシステムに抗うって感じのストーリーの作品」←なにかある?】の続きを読む

    1:2014/02/06(木) 00:17:48.29 ID:
    「週刊少年チャンピオン」で連載中の浜岡賢次さんのギャグマンガ「浦安鉄筋家族」が、
    16年ぶりにテレビアニメ化されることが6日、明らかになった。6日発売の同誌10号で発表された。
    詳細は今後、随時発表される予定。

    「浦安鉄筋家族」は1993年から同誌で連載が始まり、2002年には「元祖!浦安鉄筋家族」、
    10年には「毎度!浦安鉄筋家族」にタイトル名を変更し継続している。千葉県浦安市を舞台に、
    元気な小学2年生の少年・小鉄やクラスメートらの愉快な日常を描いている。コミックスの
    累計発行部数は4500万部を誇る。アニメ化は1998年に続いて16年ぶり2度目。

    同誌10号には第162話「雨時々唾」が掲載され、カラーページでテレビアニメ化を告知している。

    MANTANWEB
    http://mantan-web.jp/2014/02/06/20140205dog00m200045000c.html
    【【漫画】浜岡賢次「浦安鉄筋家族」テレビアニメ化決定 16年ぶり2度目】の続きを読む

    1:2014/02/04(火) 09:15:28.99 ID:
     
    やっと完成。鳥山明先生っぽく描いたハンターハンター


    https://twitter.com/takumitoxin/status/430304167836393473

    @takumitoxinさんの作品










    【【画像あり】 「やっと完成。鳥山明先生っぽく描いたハンターハンター」 すげえええええええええええ】の続きを読む

    1:2014/01/24(金) 13:45:52.90 ID:
     
    実写版「進撃の巨人」CM本日初公開


    画像






    これが「進撃の巨人」実写ショット!?24日スバルCMで1度だけ放送

     2015年に実写映画化される「進撃の巨人」に登場する巨人の実写ショットを23日、
    デイリースポーツが独占入手した。

     実写版は24日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)枠内で一度だけ放送される
    「スバル・フォレスター」のCMに登場する。

     映像を手掛けたのは映画版でもメガホンを取る樋口真嗣監督(48)。「“いまわれわれができること”
    を出し切って作りました」と100%の力を注いだことを明かした。

     登場する巨人は3体。通常の巨人と女型の巨人は実際にスタントマンがアクションし、CG加工したものだ。
    さらに超大型巨人は約2メートルの上半身の模型を7人がかりで動かして撮影。実景と合成し、巨人の攻撃を
    「フォレスター」が巧みにかわすワンシーンが完成した。わずか30秒ながら、製作費は数千万円にも及んだ。

     映画の撮影はまだ始まっていないため、この巨人がそのまま登場するかどうかは未定だが、ぜいたくな
    “予告編”に樋口監督は「ありがたいチャンスでした」と感謝した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000028-dal-ent
    【【やべぇ】 実写版「進撃の巨人」 一部映像公開 巨人怖すぎワロタwwwwwwwww】の続きを読む

    1:2014/01/12(日) 17:07:21.69 ID:
     
    ジェイムズ・ブラック


    FBI捜査官。ジョディらの上司。

    <根拠>
    ・ホームズの宿敵ジェームズ・モリアーティーとファーストネームが同じ。
    ・組織の構成員が病院にジェイムズ宛に送った白コロンバインの花言葉は“あの方が気がかり” 。
    ・ジンですら「あの方が赤井の何を恐れているかは知らねぇが」と言っているあたり、 ボスは
    ジン以上に赤井という熟知している。 となると、必然的に赤井と何か関係のあった人物。


    「名探偵コナン」黒の組織ボスは一体誰? 「もう登場してる」「阿笠博士じゃない」作者のヒントで大盛り上がり
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000005-jct-ent
    【【画像】 名探偵コナンの黒幕の最有力候補wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ